あうん堂について漢方を考える町の駆け込み薬局として症例のご紹介ご相談の流れ料金について煎じ代行サービス


今日の伝言板



痛み その2 全身を襲った痛みについて

2015年11月19日

私が親しくして戴いている獣医の先生を突然襲った全身の痛みについてその経過を考えてみます。
連絡が入ったのは、2014年の10月頃でした。「3月頃に両肩に痛みを感じて、その後徐々に下に降りてきて、背中、腰、膝と痛みがひどくなってきて、座ることもできない。これは大変だということで、大学病院に行き考えられる全検査をしたとのことでした。

結果としては、リウマチ反応が少し出たとのことでした。原因が特定されないまま、ステロイドが1日60mg投薬されたということでした。
原因もよくわからないままただステロイドだけを飲むというのも疑問に思われ、私のところに電話が入ってきました。
問診票を送って漢方的に偏りを見ました。すると、ひどい瘀血と気滞という結果が出てきました。
それで、血液の流れをよくするものとストレスを改善する漢方薬を送らせていただきました。

最初は強烈な痛みはとれたようだとの連絡が入りましたが、しばらく続けていくうちに、一進一退を繰り返すようになりました。
もう一度考察してみました。体の冷えを取る薬方がまだ飲まれていませんでしたので、それを追加しました。
それから様子を見てもらいました。大部痛みも取れて体を動かせるようになってきたとのことでしたが、
まだ残っていて芯の痛みはとれていないということでした。

このような場合には、漢方薬だけで対応するのは限界があると思い、薬草蒸しを勧めました。
薬草蒸しをするとした後薬草の臭いで、臭いのではないかと思われていたようですが、されることになりました。
薬草は当方でブレンドしたものを送りました。

心配していた臭いはなかなか良いにおいだったので、最初の内は一日二回入られました。日を重ねるごとにだんだんと痛みも和らいできて、
薬草蒸しを始めてから約半年くらいになるでしょうか、最後まで肩に残っていた痛みもすっかり取れたとの連絡が入りました。
彼はその後も欠かさずに一日一回は入っておられるそうです。
この経過を考えてみますと、血の滞りと気鬱と低体温がいかに体にとって悪いのかを示したものと思われます。

私は、この薬草蒸しの効果(薬草成分の経皮吸収と体温の上昇です)を期待して、いろいろな重い症状の方に利用しています。
現在、特に利用しているものに、「子宮頸がん」の一歩手前で手術を勧められている人に抗炎症の漢方薬とともに利用しています。
これの成果については、その方の手記とともに掲載させていただきたいと思っています。
Posted by 漢方相談あうん堂薬局 at 21:00Comments(0)痛みについて

痛みと闘う漢方薬局 その1

2015年06月19日


この写真は私の、左手なんですが、中指と人差し指は真っ直ぐに伸ばすことができません。特に中指は、痛みが激しくて、作業中に内ら側へ
90°に曲がったままになることがあります。痛むのでゆっくりと右手で戻さねばなりません。
私は若い頃から、トラックに乗ってあちこちに配送するバイトや早朝は卸売市場に行って作業をしていました。そんな折、疲労がたたったのか大晦日の夜に、腰に激しい痛みを感じ、それから約半年間自由に動けない生活を強いられました。
それも年数が経ってある程度動けるようになってきたのですが、今度は畑仕事をしている最中に、やはり激しい痛みに襲われ、救急車で病院に運んでもらいました。その後もう二回ほど救急車のお世話になりました。見舞いに来た仲間が「職場の連中はあやつはもう二度と歩くことはできないだろう」とまで言っているということでした。

しかし私の体はなかなかしぶとくて、またまた歩いて職場に復帰しました。しかし左に痛みが偏っていて、左足は細くなっています。
体も左に傾いているそうです。で職場に復帰した時に、手術も考えて当時の整形の部長に相談したのですが、答えは、手術をすると五分五分だよ、だからよく考えたほうがいいよ。という返事だったので止めました。

その後歳をとってから、肩の痛みがひどくなって、一年くらいはほとんどぐっすり眠ることもできなかったことを覚えています。
まあ、四十肩とか五十肩と言われているようなものだったのでしょうか。
ですから私自身体の痛みについては、誰にも負けないくらいの経験と造詣があります。
最近では、丹波で畑仕事ができるくらいに回復してきました。しかし、天候が悪い時や冬などは鈍痛がありますが、
化学薬品のインダシンやボルタレンやロキソニンなんて薬は飲んだことがなくて、漢方薬のみでやってきました。
動けなかった体がここまで回復してきたのですから、本当にありがたく思っています。
痛みは自分自身にしかわかりません。他人から見ても全くわかりません。そこが非常に辛いところです。
なにか仮病を使っているように思われることもありました。
そのような永年のつらい経験があるので、痛みで私の店に来られる方には特別な思いを持ちます。

心の痛みはさておいて頭痛、肩、背中、腰、膝、リウマチ、ガンなど様々な痛みの方ですが、その中でも最近特に多いのが脊柱管狭窄症と言われた方です。腰痛がかなり激しいようです。


しかし、化学薬品がかなりきつくて、まず胃をやられる人が多いようです。そのために胃薬が出てますが、大抵はH2ブロッカーと言われるもので本来の健胃散とは違います。
後はアレルギー薬、ステロイド剤、精神安定剤、まあ、そのような薬剤が主ですね。

最近では、リ〇カという薬を飲まれていた人、また飲んでいる人が来られます。この薬も副作用の多い薬ですが、
みなさん言われるのは、髪がよく抜けるとか、枕にびっしりと付いているとか、関東の方ではM字の形に剥げているとか言われていましたね。
そんなわけでいろんな薬をたくさん飲んで、体が動けなくなった方もおられます。

次回は獣医さんで知人の方の突然全身を襲った痛みについてお話したいと思います。

Posted by 漢方相談あうん堂薬局 at 21:30Comments(0)痛みについて