あうん堂について漢方を考える町の駆け込み薬局として症例のご紹介ご相談の流れ料金について煎じ代行サービス


今日の伝言板



この時期重宝な漢方薬

2015年01月12日


ついでにもう一つ紹介しておきます。
これは、「赤乾姜」といわれている物です。薬の製剤に使われるものなんですが、100%生姜の顆粒です。
じつはこれ、今から5年ほど前の冬に知り合いの女性から生姜を飲みたいと思うんだけれども、市販されている生姜湯は甘くて値段も高いし、
糖尿病なんか持っている人は飲めないし、何かいい生姜の飲み物はない?
ということだったので、この「赤乾姜」をおすすめしました。これには砂糖は全く入っていませんので、大豆くらいの量を取って紅茶に入れたり
少し蜂蜜を加えたりして飲むと、体が温まって、とくに手足が温まり、冬快適に過ごすことができるということがわかりました。
そしてさらにわかってきたことは、風邪をひきにくい体に変わってきた、また糖尿病のひどい人は冬になると足にしもやけができて血豆になり、
それを取るのが痛くて大変だったのがなくなってしまった、冷え症で布団に入るときにはコタツが必要だったのが要らなくなってきた、
さらには、前立腺肥大症で尿が出るのが苦痛だったのが楽になってきた、とか、夜中によくトイレに行っていたのが、その回数が減ってきた、などなど体が中から温まるということは、これだけ良い方に変化していくのかなあ、とつくづく感心させられたものです。
それ以後その話が広まって、冬になるとよく買いに来られます。
たかが生姜されど生姜です。私も愛飲しているおかげでしょうか、まったく風邪をひかない体になってしまいました。インフルーエンザももちろんのことです。勤めている時には、しょっちゅう風邪をひいている私でしたが?




漢方相談あうん堂薬局は、煎じ薬・エキス剤専門です。
丁寧なカウンセリングを元に適切な処方を行うため、ご予約の方を優先とさせていただいております。
ご来店の場合は、あらかじめお電話にてご予約をお願いします。
※カウンセリング料金はこちら。詳細はお電話でお問合せください。)

090-8932-3779(営業時間:11:00~19:30)
※事前にご連絡ください。出られない場合は、着信とメッセージを残していただければ後ほど折り返しご連絡いたします。
メール・skypeでのご相談もお受けしております。  >>  詳細はこちらから
同じカテゴリー(あうん堂の講座・勉強会)の記事画像
この時期重宝する漢方薬の紹介
風邪をひかないように、しかし、ひいてしまったら
同じカテゴリー(あうん堂の講座・勉強会)の記事
 この時期重宝する漢方薬の紹介 (2015-01-12 21:00)
 風邪をひかないように、しかし、ひいてしまったら (2014-12-08 21:15)
Posted by 漢方相談あうん堂薬局 at 21:30│Comments(0)あうん堂の講座・勉強会

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。