あうん堂について漢方を考える町の駆け込み薬局として症例のご紹介ご相談の流れ料金について煎じ代行サービス


今日の伝言板



丹波だより 2015年1月号の4

2015年01月19日


前月号で日本の古典のことを少し書きました。現在読みすすめているのは「今昔物語」です。次は「宇治拾遺物語」とある。
今は昔で始まる説話集です。
以前古本屋で買っていたのを忘れていたのですが、昨年の秋頃整理している時にたまたま見つけたものです。
この冬は、薪ストーブの前で、安楽椅子に座って2~3話づつ読みすすめています。日曜日など昼間は畑や庭作りに精を出して、夜は古典を読んでと「晴耕雨読」にはあらず、「昼耕夜読」の生活。
ここに入っている挿絵もなかなか見事で、人物や動物の表現もリアルで生き生きとしている。
生活の様式もさる事ながら、人間の情感や喜怒哀楽現在とちっとも変わっていないね。
馬車が自動車に変わり、筆がワープロに変わり、弓矢が鉄砲やミサイルに変わっても、人間の持つ感情なんて全く変わっていないことに気付く。
この中に描かれている人間模様はまさに今世と同じだな。本当に良い勉強になると思う。
しかし、私の手元にはこの今昔物語と宇治拾遺物語しかない。私が気に入ったこの本がもっと出ているはずだ。
ということで、ネットで調べましたが、あまり揃っていない。
で、地元の古本ショップを回ったところ、意外や意外、3軒目の店で一巻欠で他は全巻揃って並べてあるのを見つけた。
「うほっ」探せばあるもんだなあ、と感激。
その横に、日本画家の全集も12巻揃って並んでいたので、ついでにこれも買っちゃった。どれもこれも、漫画より安い。
とまあ、こんな具合で、日々楽しんでいます。






漢方相談あうん堂薬局は、煎じ薬・エキス剤専門です。
丁寧なカウンセリングを元に適切な処方を行うため、ご予約の方を優先とさせていただいております。
ご来店の場合は、あらかじめお電話にてご予約をお願いします。
※カウンセリング料金はこちら。詳細はお電話でお問合せください。)

090-8932-3779(営業時間:11:00~19:30)
※事前にご連絡ください。出られない場合は、着信とメッセージを残していただければ後ほど折り返しご連絡いたします。
メール・skypeでのご相談もお受けしております。  >>  詳細はこちらから
同じカテゴリー(丹波だより)の記事画像
風倒木をいただく
この時期ムカデが多い
今年も薪を取りに山へ
今年も薪を取りに山へ
花咲爺さんは長生き
そろそろ冬の準備
同じカテゴリー(丹波だより)の記事
 風倒木をいただく (2017-12-14 20:00)
 この時期ムカデが多い (2017-05-29 12:30)
 今年も薪を取りに山へ (2017-05-15 19:00)
 今年も薪を取りに山へ (2017-05-15 19:00)
 花咲爺さんは長生き (2017-04-25 01:00)
 そろそろ冬の準備 (2016-09-25 21:00)
Posted by 漢方相談あうん堂薬局 at 20:30│Comments(0)丹波だより

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。